通販ヘルパー

3.安心してインターネット通販を利用するために (安心通販ガイド)


 便利であるがゆえに急速に普及し始めたインターネットによる通信販売を安心して利用できるようにお手伝いします。便利だし、周りの人が見えないだけに気を許してしまいがちですが、インターネット通販には多くの危険が付きまとっています。危険を十分認識した上で、対策をしっかりととれば安心してインターネット通販を利用することができます。通販ヘルパー(当サイトの名前です)はこの「安心」の方法を皆様にお届けしたいと思います。でも、ここに記述した内容はあくまでも目安であり、安心を保障するものではありません。最後は自己責任でご利用願います。

目次

1.インターネット通販に関する犯罪とトラブル
2.パソコンに潜む落とし穴
3.安心してインターネット通販を利用するために
4.後悔しないために
5.お徳にインターネット通販を利用するために

安心してインターネット通販を利用するために

 必ずしも良い・悪いと言い切れないものもありますが、1.できるだけ防衛、2.いざという時の保障という観点から、あなたを守るためのインターネット通販の利用の仕方を解説します。誰が運営しているか、どこで運営しているかがまったくわからないインターネット通販の世界では対面販売のとき以上に信頼が重要になります。
安心を手に入れる防衛策と保障策 解説
銀行振り込み・代金引換・コンビニ決済を使用する  クレジットカード番号の流出と不正使用を防止するという観点から考えると、商品購入の時にクレジットカード番号を入力しない方法を選択します。例えば、銀行振り込み、代金引換、コンビニ決済を通販サイトによっては利用できます。ほとんどの通販サイトはクレジットカード番号を入力すると暗号化して通販サイトに送信されるので、他人に傍受される危険は比較的少なくなっています。しかし、クレジットカード番号がパソコンに残ったり、通販サイトに残ったりして流出する可能性があります。便利であるがゆえにクレジットカードを利用する場合には後述の領収書とクレジットカードの請求書をしっかりと見極めることが大切です。
代金引換を利用する  商品が届かないという危険を防止する観点から考えると、商品代金をあらかじめ支払うよりも、代金引換を利用する方が商品不達の危険が少なくなります。大手や有名店では商品不達の心配をしなくても良いのですが、インターネット通販の大多数は無名店です。評判が良くわからないお店との取引であれば多少手数料がかかったとしても代金引換を利用すれば安心を手に入れられます。インターネットの情報で評判が悪い通販サイトであれば、なおさら代金引換を利用すると良いでしょう。
安心・信頼できるサイトからのリンクを利用する  不幸にして悪意があるリンク集を利用してしまえばたちまち、フィッシング詐欺、個人情報の流出、商品の不達詐欺の餌食になってしまいます。インターネットの世界ではどこに店舗があるかわかりません。たとえもっともらしく表示されていたとしても、そのことを保障するものは何もありません。国内からだけでなく海外からもフィッシング詐欺、個人情報の流出、商品の不達詐欺を狙っています。そのような集団はいくつものサイトを立ち上げ自作自演で通販サイトを褒めちぎります。インターネットの匿名性によりこのような詐欺集団のカモにされないためにも安心・信頼できるサイトや情報源を見つけ、そこからのリンクをたどることをお勧めします。
 詐欺ではありませんが、健康食品は使用したこともないホームページオーナーがお金目当てで宣伝している場合がかなり多くなっています。薬事法に触れる商品の宣伝も普通に行われているのが現状です。そのような信用できない情報をもとにして健康食品を実際に購入して服用してしまう時のリスクはあなた自身が追うことになります。
安心・信頼できるお店を利用する  いざという時の電話・メールのサポートの悪さ、商品の過大広告、キャンセル時のトラブル防止、商品の不達防止、個人情報の流出の防止、販売詐欺の防止という観点から考えると、安心・信頼できるお店を作り、できるだけそのお店から商品を購入すると良いでしょう。特に健康食品を扱うお店は、往々にして過大広告を掲載しています。毎年のように中国から輸入した漢方薬をインターネットで購入し、服用し続けた結果、死亡したという記事を目にします。日本の薬事法に抵触する食品を、あたかも合法化のように販売されている例も多く、健康食品を購入する場合はお店選びを特に慎重にしたほうが良いでしょう。
「特定商取引に関する法律」に基づく表示を良く読む  悪意がある通販サイトであれば正しく記述されているとは限りませんが、見ないよりはまし程度でしょうか。
キャンセル方法・期限を良く確認する  注文を受けるだけ受けて、キャンセルを受け付けないなんて悪質な通販サイトも多少ながらあります。注文をキャンセルしたい場合や、間違って購入してしまったことがわかった場合に備えて、事前にいつまでキャンセルができ、手数料はどのくらいかを確認しておくことが重要です。
保険付きのクレジットカードを利用する  クレジットカード決済を利用する場合には、クレジットカード番号が万が一流失してしまった時の保障的な意味合いで、保険機能つきのクレジットカードを利用すると良いでしょう。クレジットカードによってその保障内容も様々なので、年会費や保証の範囲が最適なものを選びましょう。保障がついたクレジットカードを利用しない場合、もしクレジットカード番号が流出して悪用された時に泣き寝入りをしなければ成らないこともあります。商品を購入されてしまった時は、自分で購入していないことを証明できれば不払いですむ場合も多いのですが、キャッシングを利用されてしまった場合には泣き寝入りをしなければならないこともあるようです。いずれにしても、普段利用しているクレジットカードの保障の範囲を確認することをお勧めします。
クレジットカードを利用した場合には商品の領収書と引き落とし金額を見比べる  クレジットカード番号が流出する可能性はあちこちにあります。店舗での利用、インターネット通販などによりクローンクレジットカードが簡単に作れてしまう時代です。流出してから表面化するまでの数日〜数ヶ月の間に悪用されます。この間に利用されたかもしれないことを念頭に、商品の領収書と引き落とし金額を毎回きちんと見比べることが大切です。
インターネット通販専用のクレジットカードを利用する  クレジットカードを利用した場合には商品の領収書と引き落とし金額を見比べると一概に言っても、クレジットカードの利用頻度によってはその作業が大変かもしれません。そんなときにはインターネット通販専用のクレジットカードを利用すると良いかもしれません。年会費永久無料のクレジットカードや保険機能つきのクレジットカードなど様々なクレジットカードから最適なクレジットカードをお選びください。

2.パソコンに潜む落とし穴
4.後悔しないために


通販ヘルパーは「たくさんある商品からいったいどれを選べばいいの?」という疑問を解決するサイトを目指しています。商品カテゴリー別の人気ランキング、商品の写真の一覧からお気に入りの商品を探すことができます。特に忙しくて時間が無い方にはお薦めです。
Copyright (c)2005- 通販ヘルパー
All Rights Reserved